アメリカに居る時にステンドグラスの教室にほんの少し通いました。
先生は日本人でお宅にはズラ~と素晴らしい作品が並んでいて見事でした。
あんな素晴らしいステンドグラスのティファニーランプが作れるだろうかと思ってしまう素晴らしい作品ばかりです。
中には、娘さんお2人に将来プレゼントする作品までそこに置いてありましたが、結婚の時にあげるようです。
これは一生もの、次世代へも受け継がれていくような感じがします。
イタリア、フランスへ行った時も教会にはうっとりするようなステンドグラスの美しさに目を覆われました。
過去何百年も前に作られたものがこうやっていまだに人々に感動を与えてくれいるって凄いことだと思いました。
私は結局その先生が引越しする事になり教室は途中で止めてしまいました。
それでも基本が分かったので、簡単なアンティークの車や、窓に置く物など数点を仕上げて今も飾っています。
家の中でも、太陽の日差しを通す事によって全然違ってしまうので、そんな日当たりの良い窓辺に置いて楽しんでいます。